体と心を整える

自律神経失調症が太る原因?【なかなか痩せない原因は腸内環境にある】

心配くん
心配くん
ダイエットを開始して食事をあまり摂っていないのに、なかなか痩せることが出来ない。スマートでモテモテな友達は、3食きっちり好きなものを食べているのになぜか全然太らないみたい。この差ってなに?体質の違いなの?

こういった不安に答えます。

本記事の内容 → なかなか痩せない原因と自律神経失調症の密接な関係

1.食べなくても何故か痩せない原因
2.体に負担をかけず健康的に痩せる基本方法

食べていなくても痩せない、むしろ太ってしまう人と、3食きちんと食べているのにスマートな体系を維持できる人。

この差はどこから来るのか?

それは「腸内環境」によって差が生まれているのです。

痩せない原因も健康的に痩せられる要因も「腸内環境」の良し悪しで変わってくるのです。

そして、「腸内環境」の良し悪しは「自律神経の乱れ」と密接な関係にあります。

ひとつずつ説明しますので、それぞれ見ていきましょう。

食べなくても何故か痩せない原因

実は、自律神経が乱れると肥満の大きな原因となります。

最近の研究では、太っている人の自律神経を調べると自律神経全体のバランスが低下していることが分かってきており、特に副交感神経の働きが極端に落ちているそうです。

人体の「腸」を動かす神経は副交感神経であり、副交感神経の働きが落ちるということは、腸の働きが落ちるということになり、結果として「腸内環境の悪化」に繋がります。

腸内環境の悪化(内臓脂肪の増加)

副交感神経の働きが低下すると、腸の動きが悪くなり腸内環境が悪化します。

腸は食物を消化・吸収する臓器であり、腸内環境が悪化すると消化不良・吸収不良になり、せっかく摂取した栄養素が体内に吸収されず、そればかりか不要な毒素ばかりが体内に溜まることになります。

この結果、血液が徐々に汚染されていき、ドロドロになり流れが悪くなった血液が全身をゆっくりめぐり代謝が落ちていきます。

代謝が落ちることで「内臓脂肪」が蓄積し、食べなくても太るといった悪循環に陥ります。

また太っていながらも、体中の栄養素が不足している状態であり、疲れやすく、病気にかかりやすい体になってしまいます。

自律神経の乱れ=腸内環境の悪化

自律神経の乱れは腸内環境の悪化を引き起こします。

そして、自律神経の乱れは「血流の悪化」が原因であり、前述したように「腸内環境の悪化」は「血流の悪化」を引き起こします。

つまり、自律神経失調症と腸内環境の悪化は密接な関係があり、一方が悪ければもう一方も悪くなり痩せるどころか、太る上に自律神経まで乱れてしまう最悪なコラボレーションとなってしまうのです。

1.自律神経が乱れれば腸内環境が悪化
2.腸内環境が悪化すれば自律神経が乱れる

体に負担をかけず健康的に痩せる基本方法

自律神経の乱れと腸内環境の悪化の関係を知ると、健康的に痩せる為には何が必要かが自ずと分かってきます。

1日3回の食事を決まった時間に摂取

まず食事は朝・昼・夜の1日3回を決まった時間に摂取しましょう。

特に夜の食事は就寝3時間前がベストなタイミングですが、仕事で遅くなってしまう場合は量を減らすなどの調整をすると良いでしょう。

決まった時間に適量の食事を摂ることは、腸に負担が掛からずにかつ、腸が穏やかに活動し、腸内環境が整っていきます。

腸内環境が整うことで、全身に栄養素が行き渡り、血流が良くなり基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がれば、普段の生活の中で消費するカロリーが高くなり、少し食べる量が多かったとしてもエネルギーとして消費してくれるようになります。

太りにくい体とはこのような理屈で成り立っているのです。

食事を抜くダイエットは絶対にしない

どんな理由があろうとも、食事を抜いてのダイエットはおすすめしません。

食事を抜き腸が動かなくなることで自律神経は急激に乱れます。

本来腸で吸収される栄養素が完全に遮断され、全身に毒素や老廃物が溜まり、血液がドロドロとなり血流が極端に悪化してしまいます。

こうなってしまうと、全身に溜まった毒素や老廃物が最終的にはデブの原因である内臓脂肪となり、痩せない体をますます促進することに陥ります。

食事を抜くことは一時的には痩せますが、それは筋肉が減少しただけであり、上記が原因で最終的には必ず太ることになると覚えておきましょう。

まとめ:自律神経失調症が太る原因?【なかなか痩せない原因は腸内環境】

「なかなか痩せない」原因は腸内環境の悪化にあり、腸内環境の悪化は自律神経の乱れに原因があります。

また、腸内環境の悪化は血流を悪化させ、自律神経の乱れの原因になります。

1.なかなか痩せない原因は腸内環境の悪化にある
2.腸内環境の悪化の原因は自律神経の乱れ
3.腸内環境の悪化は血流を悪化させ自律神経の乱れの原因となる

上記のように、腸内環境と自律神経は密接な関係にあり、腸を整えることと自律神経を整えることはイコールです。健康的に痩せて肥満を解消したいのであれば、腸と自律神経の両者を整える必要があるということになります。

本ブログが提唱する自律神経失調症の改善策「筋トレ」と「運動」。

全てはこれらにに繋がるということです。

自律神経失調症を改善したい方。
太ってしまった体系を改善したい方。

一緒に頑張りましょう!

自律神経失調症を筋トレで改善【心も体も鍛える】 こういった疑問に答えます。 本記事の内容 ⇒ 自律神経失調症を筋トレで改善する方法 私は20年間自律神経失調...
自律神経を整える簡単な運動【生活の中に取り入れる】 こういった不安に答えます。 本記事の内容⇒自律神経を整える簡単な運動【生活の中に取り入れる】 自律神経にとっ...
こちらの記事もおすすめ!