筋トレダイエット

1カ月1kg減量を7カ月継続に成功【忙しいサラリーマンでも可能】

こんばんは。TAKENTAです。

スポーツジム通いも7カ月経過しようとしています。
当初からの目的であった、中年太りの解消もいよいよ終盤に差し掛かっています。

まずは、体重の推移を見てみましょう。

スポーツジムに入会した際の体重は67kg台だったのに対して、入会後約7カ月経過しようとしている現在の体重は60kg台です。

改めて体重の推移をグラフで見てみると、1カ月で1kg程度の減量を継続していることが分かります。

たかだか1kg程度ですが、7カ月継続すると、ズボンもゆるゆるになりダイエット効果が実感出来ます。

私が1カ月1kgのダイエットに成功した理由は以下です。

1.筋トレの後に必ず有酸素運動を行う 

2.糖質の摂取を極力控える 

3.スポーツジムに最低週2回は通う 

このたったの3つです。

もし、スポーツジムに通っていても、全く痩せないという方は上記の3項目を継続すれば、必ず痩せることが出来ます。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

筋トレの後に必ず有酸素運動を行う

ダイエット目的でスポーツジムに通っているのであれば、筋トレ後には必ず有酸素運動を行いましょう。

具体的に言うと、3km以上のランニングが効果的です。

私の場合は筋トレで肩、胸、脚、背中をバランスよく鍛え、その後に3km以上のランニングです。

なぜ、筋トレ後の有酸素運動がダイエットに効果的なのかは以下の理由です。

筋トレ → 成長ホルモンが分泌
成長ホルモン → 脂肪の分解を促す効果がある
有酸素運動 → 成長ホルモンが脂肪をより効果的に燃やす

筋トレで分泌された「成長ホルモン」が有酸素運動時の脂肪燃焼を促進させるのです。

逆に言うと、筋肉の肥大を目的にしているのなら、有酸素運動は控えめにしたほうが良いです。

糖質の摂取を極力控える

人が運動なので消費するカロリーは「糖質」が優先されます。

体の中の糖質が多いといくら有酸素運動を行っても、脂肪が燃焼されることがないということです。

1.糖質→2.脂質→3.タンパク質

上記のような順番でカロリーは消費されていくので、有酸素運動で脂肪を落としたいのであれば、糖質の摂取を極力控えることが必要になります。

糖質が多い食べ物

糖質の多い植物で代表的なものは炭水化物です。

米(ご飯・かゆ・餅)、小麦(パン類・麺類・小麦粉・餃子の皮・ピザ生地等)、そば、うどん

フルーツも糖質が多く含まれています。

バナナ、いちご、みかん、ドライフルーツ

アルコールにも種類によっては糖質が多いので注意が必要です。

紹興酒、日本酒、ビール、ロゼワイン、シャンパン

糖質の摂取量が極端に少ないと、筋肉量も減り体力が落ちるので注意が必要なのですが、中年太りに悩んでいてどうしても痩せたいのであれば、夕食では炭水化物を摂らないといった、思い切った制限も必要だと思います。

スポーツジムに最低週2回は通う

痩せるということは単純な話で、摂取したエネルギー以上の運動をすればいいのです。

摂取するエネルギー > 消費するエネルギー → 太る
摂取するエネルギー < 消費するエネルギー → 痩せる

上記を考えると別にスポーツジムに通わなくても、痩せることは充分可能なのですが、人はどうしてもサボってしまいます。

私もそうですが、自宅での筋トレやランニングを継続することは無理ゲーであり、これが出来ればそもそも太らないと思います。

その点、スポーツジムは運動をする環境であり、周りで運動をしている人たちが大勢いれば、運動を全くしないということはありませんね。

また、月の会費も掛かっているので、家族が居るのであれば、お金を掛けている手前効果を出したくなるものです。

スポーツジムには最低でも週2回は通うべきです。

平日に1日、土日のどちらかで1日。これを最低限守るべきルールにしましょう。

まとめ:1カ月1kg減量を7カ月継続に成功

1.筋トレの後に必ず有酸素運動を行う 

2.糖質の摂取を極力控える 

3.スポーツジムに最低週2回は通う 

以上のダイエット方法をルーティン化することが出来れば、必ず痩せることが出来ます。

ダイエットに手遅れはありません、今始めれば5カ月後には5kg減です。

一番最悪な行動は、痩せたいと思っているのに「何もしないこと」です。
まずは一歩、すこしづつ前に進みましょう。

私がこの記事で推奨したダイエット方法は、確実に痩せられる反面、時間がかかることは否めません。

筋トレ+有酸素運動+糖質制限を提唱し、また、短時間で達成出来るプログラムを提供しているのが、CMで有名な「ライザップ」です。

どうしても短時間でダイエットに成功したいのであれば、「ライザップ」も選択肢に加えるといいと思います。

また、「ライザップ」では無料カウンセリングを随時行っているので、ダイエットについての理論を聞くだけでも参考になり励みにもなります。

遂に到来!RIZAPで肉も魚も食べるダイエット/無料カウンセリング受付中
こちらの記事もおすすめ!