悩み事

ニンテンドースイッチ コントローラーのSL SRボタンが効かない/LEDが付かない場合の自力修理手順

こんばんは。TEKENTAです。

ニンテンドースイッチ用コントローラー(ジョイコン)のSL/SRボタンが効かなくなったうえにLEDも点灯しなくなった場合の修理手順です。

コントローラ(右)です。
このSL/SRボタンが効かなくなり、またLEDの点灯もしなくなってしまいました。真ん中にある小さいボタン(シンクロボタン)を押しても全く反応しません。

この状態になるとコントローラー内部の配線が断線している可能性が非常に高く、対処方法としては以下になります。

1.ニンテンドーに修理依頼
2.新しいコントローラーを購入
3.自力で修理

今回は、「3.自力で修理」の手順になります。
自力で修理する場合は・・・

1.ケーブルが断線していれば新たにケーブルを購入
2.コントローラーを分解
3.新しいケーブルの取り付け
4.コントローラーを元に戻す

以下より修理手順になります。

スイッチのコントローラーを分解

スイッチのコントローラーを分解します。

スイッチのコントローラーを分解する為にはY字ドライバーが必要になります。
Y字ドライバーを持っていなければ、Amazon等でスイッチ用コントローラーの工具セットがいろいろ売っていますのでご参考に。

分解すると、コントローラー横のスライダーが取れてしまいました。
我が家のコントローラーの場合は断線どころか、ケーブルが完全に引きちぎれていることが分かりました。(スライダー画像の上のケーブルです、先っぽが無い・・)
ちぎれていなくても断線しているケースが多いようです。
また、単純にケーブルが抜けているだけであれば刺し直して終了です。

今回の場合はスライダーに付いている基板を交換する必要があります。
これもAmazon等で購入することが出来ます。

また、工具付きの基板も売っています。

左が新たに購入した基板で右が従来の基板です。
少し色が違いますね。+ネジでくっついているだけなので、ここはサクッと交換出来ますよ。

続いてコントローラー側です。
真ん中にあるバッテリーを取り外します。バッテリーは両面テープで固定されていますので慎重に引き剥がします。

バッテリーを引き剥がした後です。
次にバッテリーの台座を外します。ここは+ネジで固定されているのでサクサク外します。

画像の青丸部分がスライダー側からのケーブルが刺さる部分。
表現が難しいですが、ケーブルを固定するストッパーを上げてケーブルを刺し、ストッパーを下してケーブルを固定します。

ケーブルを装着した状態です。各ケーブルの位置関係が分かりますか?
右側が今回の原因となったケーブルです。ちなみに左側のケーブルは本体がコントローラーを認識する際に使用するケーブルみたいです。(実はこの後日このケーブルが壊れることになります。)

ここからは、分解した時とは逆の手順で組み立てていきます。
ケーブルが組み立て中に断線しないように慎重に行います。少し折れ曲がるくらいなら大丈夫なはず。

組み立て終えて、LEDが点灯すれば無事完了です。
SL/SRボタンが効くことも確認しておきましょう。

まとめ:ニンテンドースイッチ コントローラーのSL SRボタンが効かない/LEDが付かない場合の自力修理手順

いやいや、スイッチのコントローラーは壊れやすいと言わざる負えないですね。
これで何回目の分解だろうか(笑)
普通に購入すると、両側で8,000円で片側だけだと4,000円です。
新しいコントローラーを購入しても直ぐに壊れる気がして怖いですね。

とはいえ、わざわざ分解して修理するのが面倒であれば新品を購入することが手っ取り早いですね。
また、ニンテンドーに修理を依頼すると2,160円とのこと(Webサイトより参考価格)

こちらの記事もおすすめ!