家の事

電力自由化 おすすめの安い電力会社を本気で考察

2016年4月に「電力自由化」が始まりました。
それまでは各地域の旧一般電気事業者(東京電力等)により独占されていた電力の小売りが法律の改正により全面的に自由となり、いろいろな会社が参入することで市場競争を起こすことが目的です。
電力の市場競争が起きると、各電力会社は価格・サービスで個別化を図るようになり家庭にとっては、今まで選択することが不可能だった電力会社を自分で比較し自由に選ぶことが出来るようになりました。

電力自由化の仕組み

電力自由化で安い電力会社を選ぶと、停電等のトラブルが増えるのではないかとの不安もありますよね。
でも安心してください。電力自由化といっても電力供給の基本的な仕組みに変更はないのです。

電気の供給システムは簡単に説明すると。

(1)発電(火力・原子力などの発電所で電気を作る)
(2)送電(発電所から家庭までの送電を管理・運営)
(3)小売(家庭と直接繋がり、料金設定、契約手続き等のサービス実施)

電力自由化において上記(3)小売において新たな会社が自由に参入出来るようになりました。

(1)発電は既に参入自由な状態でありますが、(2)送電は今までと何ら変わることがない送電ネットワークを使用します。ですので電力会社を変えることで停電が増えたり電気が届かなくなるといった「品質面」に変わりはありません。

電力自由化で何が変わる?

電力自由化でさまざまな会社が電力市場に参入を始めています。
「電力を売る会社」が増えることで、独占されていた電力市場内に競争が生まれます。
前述したように、「電気自体には何も変わりがない」のですから各社がお客さん(各ご家庭)を確保するために実施することは「価格とサービス」になります。

例えば、関東エリアで選べる電力会社は以前の東京電力以外で「東京ガス」・「ENEOSでんき」・「ソフトバンク」・「楽天」等さまざまな業種が参入してきています。

これらの新参入会社は「新たな料金プラン」をぞくぞく発表しています。
既存の東京電力より安いことは当たり前で、さらにガスとの組み合わせや携帯電話との組み合わせでのセット割引、ポイントサービスを導入することでユーザー確保に動いています。

簡単に言うと、「今までは東京電力等の一方的に提示された料金を支払っていた各家庭が安くサービスのより良い電力会社を自由に選べることになった」ということです。

MVNOが始まり、携帯等のモバイル通信サービスが一気に安くなったのと同じことですね。

電力会社を切り替える方法は?

(1)切り替え先の電力会社へ連絡
各電力会社のサービスセンターへの電話やウェブサイトから申し込むことが出来ます。

申し込み時に必要な情報は・・
・現在契約している電力会社名
・現在契約している電力会社のお客様番号
・供給地点特定番号

上記は全て毎月届けられる「電気の請求書」に記載されていますし、電力会社のウェブサイトで個人ページを登録している場合はこちらからも確認することが出来ます。

(2)スマートメーターへの交換
もし家庭の電力メーターが「スマートメーター」へ変更されていなのであれば、メーターの交換が必要になります。
スマートメーターへの切り替えは数年前から順次切り替えが進められていますし、仮に交換が必要であっても料金は「無料」で出来ます。

(3)切り替えたい電力会社と契約
最後に切り替えたい電力会社と契約して完了です。
切り替え日は各電力会社との契約になりますので、契約時に決めましょう。

新電力会社の数とシェア率

登録小売電気事業者は2019年7月1日現在「593」の事業者が登録されています。
関東・甲信越エリアだけでも60社ありますので、この中から1社選ぶのはなかなか面倒だと感じてしまう方も多いのかもしれませんね。

新電力会社への切り替え率は2019年で20%を突破していると言われています。
では、実際の新電力会社のシェア率はどうなっているかというと。

1.東京ガス
20% 関東の都市ガス大手
2.KDDI
11% auでお馴染みの通信会社大手
3.大阪ガス
10% 関西の都市ガス大手
4.JXTGエネルギー
6% エネゴリ君でお馴染み石油精製販売会社
5.ハルエネ
6% 親会社はIT大手の株式会社光通信
6.SBパワー
4% ソフトバンクグループ
7.サイサン
2% 埼玉県のガス会社
8.イーレックス・スパーク・マーケティング
2% 東証1部上場の新電力会社
9.ジェイコムウエスト
2% 関西のケーブルテレビ会社
10.Looop
2% 太陽光発電所システムの販売

上記の通り、新電力のシェアNo.1は大手ガス会社の東京ガス、次に通信大手のKDDI、続いてこちらもガス会社大手の大阪ガスになっています。
しかしながら、大手ではなく知名度も低いながら「サイサン」や「Looop」の新電力会社の検討が目立っている結果であることも分かります。

電気料金のシミュレーションを会員登録無しで行えるサイト「エネチェンジ」

新電力会社の数とシェア率を上記で紹介しましたが、実際に自分で安い電力会社を探すのはちょっと面倒だし、どうせなら一番安い電力会社と契約したいと思いますよね。
実は数十社の電力会社からお得な電力プランをシミュレーションしてくれる「エネチェンジ」というサイトがあるのです。車を売る時に数十社の見積を一括で出してくれるサイトがありますがこれの電力会社バージョンです。

国内最大級の電力比較サイト【エネチェンジ】はこちらから

この「エネチェンジ」というサイトは面倒な会員登録無しでシミュレーション出来ますので、シミュレーション後に電力会社から営業の電話がかかってくるようなことは一切ありません。
ですので、参考に電気料金を比較してみたいというだけでも、郵便番号とひと月の電気料金を入力するだけでシミュレーション出来てしまうお勧めの電力比較サイトです。

国内最大級の電力比較サイト【エネチェンジ】はこちらから

我が家は家族4人の月6,000円でシミュレーションしてみましたが、年間で20,000円近く安くなるプランが見つかりました。

こちらの記事もおすすめ!