家の事

なぜ?掃除をしない奥さん 4つの心理と旦那の対応方法

散らかっている部屋では落ち着かない。物が出しっぱなしだと気になって仕方ない。

綺麗好きな人はそうですよね。でも世の中には、ゴミが落ちていても、汚くても、散らかっていても全く気にならない人も沢山います。

「掃除が出来ない」や「片付けられない」は男性(旦那)ばかりが多いように言われていますが、女性(奥さん)だって例外ではないのですよ。

結婚するまで気づかなかった・・
結婚する前は綺麗好きだった・・
いくら注意しても改善されない・・

貴方(男性)が綺麗好きであれば尚更イライラしてしまうのかもしれません。

でもね、よく考えてくださいね。貴方の奥さんは掃除するために存在している訳ではないですし、 「掃除が出来ない」や「片付けられない」 に男も女も無いのです。

奥さんが掃除をしない、片付けないの心理

そもそも、男性でも女性でも「掃除が出来ない」や「片付けられない」 といったことがなぜ起こるのでしょうか?綺麗好きな方には全く理解出来ないことですよね。

部屋が散らかっていても気にならない

綺麗好きな方には信じられないことですが、部屋にゴミが落ちていようが、物が散乱していようが全く気にならない人が存在します。
何故、ゴミ箱に捨てないのか?
何故、元の場所に戻さないのか?
綺麗好きには理解出来ないことかと思います。
ですが、相手にとって貴方は逆に「神経質な人」と思われがちです。
これは性格の違いとしか言いようがないので、潔く受け入れるしかありません。

掃除や片付け方が分からない

「掃除や片付けをしたいけど、何をどうしていいか分からない」といったケースも多々あります。
意を決して片付けを開始したものの、あれもこれも必要なものと感じむしろ開始前より散らかってしまったり、掃除をしようと思っても手が進まず気づいたら夕方になっていたなどなど・・・
「掃除や片付けが嫌い」とまでいかなくても「苦手」という人はそもそも「やり方が分からない」ということもあるようです。
綺麗好きには全く理解出来ないでしょうが、今までの人生の中で「掃除」や「片付け」の必要性を感じてこなかった場合にはありえる話なのです。

掃除や片付けを今まで誰かがやってくれていた

結婚するまでは実家に暮らしていた場合によくあるケースです。
特に母親が綺麗好きであった場合は確実で、家に帰れば掃除がしてある、ゴミは捨てられている、洗濯はされている、20年近くこのような生活をしてきていきなり「掃除」や「片付け」を全部するのは無理があります。
本人や親が悪いというわけでは無いですし、家庭環境の違いを非難するのは違うと思いますからね。

仕事や育児で疲れている

共働きの場合はこれが一番かなと思います。
働いて、育児もして、食事も作ったうえに「掃除もしろ」というのはあまりにも酷な話です。「掃除」や「片付け」を「しない」のではなく「出来ない」のです。たとえ専業主婦だとしても、育児の疲れは尋常ではありません。しかも子供は散らかすのが仕事のようなもの。どうせ散らかるものをいちいち片付ける気が起きないのは普通の心理だと思います。

掃除をしない、片付けない奥さんを持つ夫のすべき事は注意だけではない

たとえ自分の奥さんが全く掃除をしなくても、全く片付けをしなくてもイライラして注意ばかりするのはやめましょう。
注意する暇があれば綺麗好きの貴方が掃除や片付けをすればいいのです。
「俺だって仕事してるんだよ!」と言いたい気持ちは痛いほど分かります。
ですが、家庭は奥さんだけのものではないですし、旦那さんだけのものではありません。夫婦(家族)のものなのですから、旦那さんが掃除や片付けをすることに何ら違和感は無いですよ。

「奥さんがやらないのに何で自分だけ?」って思いますよね。
いえいえ、男なんだからそれくらい気にしないでやっちゃいましょ!
旦那さんが掃除をしているところを奥さんは見て感謝していますよ。
注意して直る話であれば、奥さんだってとっくにやってますよ。でも掃除や片付けを出来ない人だって居るのです。
それを怠慢とかサボりと思わずに、掃除や片付けている姿を見せてあげればいいんです。

その姿を見ている奥さん(子供も)は少しずつですが掃除や片付けをしてくれるようになりますよ。部屋が片付いていることに安心感を覚え始めてくれますよ。
ただ注意事項として・・

・イライラしながらやるのはNG
 →お互い嫌な気分になる
・奥さんがいない時にやるのはNG
 →自然に片付くと思われてはダメ
・嫌味が無い程度にゴミ捨てや片付け方を教える
 →「ゴミなら捨てよっかー!」と優しく言いましょう
・ 掃除をしていますアピールはNG
 →男として情けない 。あくまで自然体で

大切なポイントとしては「全てをやり過ぎない」です。
1から10まで全てをやり過ぎてしまうと何も変化はありません。
実はこの塩梅が一番難しいのですがね・・
「全部自分でやった方が楽!」という考え方もありますがこれはお勧めしません。
全部自分でやっていると確実に不満は積もります。
そしていずれ許容をオーバーして「爆発」します。

・受け入れる事
・あきらめない事
・全部自分でやらない事

旦那さんでも奥さんでもこれが大事なことです。

奥さんが掃除をしない、片付けもしない。でも解決策として家事代行サービスもある

奥さんが掃除をしない為に貴方(旦那さん)が頑張って掃除をする。
でも旦那さんだって仕事もあるし子供たちとも遊びたい。何より毎日疲れている。でも汚い部屋には我慢ならない。
そんなストレスが蓄積して大爆発・・・する位なら「家事代行サービス」に頼む方法もあります。

月に1度の家事代行サービス

いやいや「家事代行サービス」なんて高いでしょー!と思われるかもしれません。でも月1回だとしたらどうですか?
月1回とはいえプロのお掃除屋さんですからピカピカになります。
さらに、月1回家がピカピカになることが分かっていると日々の掃除で手を抜くことが出来ます。

「来週家事代行サービスが来るから今日は適当でいいやー」
例え家の中が汚れていても、プロが掃除をしてくれることが分かっていると不思議とイライラしません。

でも掃除をしない奥さんに対して当てつけみたいに思われないか?

それが心配なら次のように言いましょう。

「いつも家事や子育てを頑張っているから月に1度のプレゼントだよ」

お勧めの家事代行サービスは「CaSy(カジー)」

今お勧めの家事代行サービスは「Casy(カジー)」です。

日経DUAL 家事代行ランキング2019で第一位を獲得した人気のサービス会社です。

金額は2時間の掃除代行で、2時間×2,500円 + 交通費700円 = 5,700円
これが定期利用(4週間に1回)だと、2時間×2,390円 + 交通費700円 = 5,480円

月に1度家がピカピカになるなら高いとは思いませんよね。

家事代行サービスを利用することが始めてで不安に思う方は、まずはお試しプランが用意されているのでこちらから利用してみてはいかがでしょうか。

家事代行サービス「CaSy(カジー)」への登録はこちら(メールアドレスで簡単登録)

こちらの記事もおすすめ!