恋愛コラム

わがままな彼女の対処法 大切な心得【5つ】

決してイケメンではないが優しい貴方。
努力が実りようやく好きな女性と付き合いだしたとします。
女性馴れしていない貴方にとって、彼女のわがままはすごくかわいく見えるでしょう。
でも、最初はかわいく思えた彼女のわがままな態度に「こんなに大事にしているのになんで?」、「彼女のことをこんなに好きなのになんで?」と不安を覚えることもありますよね。

特に女性と付き合った経験が少ない男性であれば、誰しもが経験するであろう葛藤です。
私もそうですが、「たいていの女性はわがまま」と初めから分かっていても気持ちが追い付かなくなるものです。

わがままな彼女と付き合っていく男の5つの心得

賛否両論があるかもしれませんが、彼女のことを好きなのであれば大概のわがままは「我慢して許しましょう」。
貴方が超越イケメンのモテモテ人生であれば別ですが、恋愛に悩む男性の9割9分がイケメン・モテモテではありません。
彼女が好きで、付き合い続けたいのであれば男の度量を見せるべきです。
優しさだけが「愛」では無いと言う意見もありますが、優しさだけでしか「愛」を表現出来ない男性も居るのです。たとえそれが「我慢」になったとしてもです。

※もちろん浮気とかは別です。

心得1 わがままな彼女に足し算引き算が通用すると思うな

彼女に対して、「ここまでしたのだから、これはしなくて大丈夫だろう。」は通用しません。

例:昨日の夜、彼女の職場まで迎えに行ったのだから今日は行かなくても平気。
→ダメです。昨日行ったなら今日も行くべきです。

例:先週末は彼女が飲み会に行ったから、今週は自分も友達と飲みに行く。
→ダメです。彼女が飲み会に行ったからといって貴方が飲み会に行くことを嬉しがりはしません。

貴方の足し算引き算が必ずしも50/50(フィフティーフィフティー)になるとは限りません。

心得2 わがままな彼女に求められるのは回数ではなく100%

彼女の望むことを99回こなしていても1回の失敗が許されると思ってはいけません。

例:毎週末のデートでは貴方が待ち合わせ場所まで毎回時間通りに迎えに行っていたが、その日だけはたまたま寝坊して遅刻。→彼女怒って帰る。

よくあることです。99回連続で時間通りに迎えに行っても、1回の寝坊を彼女が見逃してくれるとは限りません。

心得3 わがままな彼女が「今日は友達と遊ぶ」に油断するな

「今日は友達と遊びに行くねー」という言葉に油断してはいけません。
油断した貴方が「疲れたから早く寝る」や「男友達と飲み会」をしてしまっていても、いつ何時彼女からの「逢いたいコール」があるか分かりません。

例:週末彼女が女友達と遊びに行くと言ったので、貴方も久しぶりに男友達と飲み会。→女友達と盛り上がらなかった彼女が早めに帰宅。→貴方にメール。→お酒を飲んでいた貴方は彼女を迎えにいけない。→彼女は「週末なのに何故逢えないの」と怒る。

よくあることです。彼女にとって貴方の予定は彼女との予定以外認められません。

心得4 わがままな彼女から予定を聞かれた時には既に全て段取りされていると思え

彼女にピンポイントで予定を聞かれた時は注意です。もう既に聞かれた段階で彼女の中では快諾されるつもりで段取りが組まれています。

例:「来週の水曜日の夜空いてる?」と聞かれる。→「ごめん。会社の研修で夜遅くなる予定なんだ」→「何それ?もう映画のチケット買ってあるんだけど(怒)」

予定を聞かれた段階で時既に遅しです。早め早めに自分の予定を伝えておきましょう。

心得5 わがままな彼女に相談に乗れない日がたった1日あった。それが全て

優しく彼女を大事にしている貴方は日ごろから彼女の悩みを熱心に聞いていたとします。ただ間の悪いこともあり、仕事の出張等で彼女の話を直に聞けない時もあるでしょう。

例:彼女が仕事でミスを犯した。→貴方は年に1回あるかないかの出張中で話を聞けなかった。→大事な時に貴方はいつも居ない・・・

彼女にとってはその瞬間が全てです。過去のことなど関係ありません。

まとめ:わがままな彼女の対処法 大切な心得【5つ】

今までの人生でモテたことが無かった貴方。
優しさだけが取り柄の貴方。
彼女に振り回される貴方。
周りの男友達は「そんなの恋愛じゃない」と言ってくるかもしれませんね。

でもね、長く付き合う女性が居なかった貴方にとっては彼女が全てです。
優しくしなかったら、振られてしまうのではないか。
他の男のところに行ってしまうのではないか。
わがままを言われる度にそう思って不安になりますよね。

彼女に厳しく言えなくてもいいんです。
彼女がどんどんわがままになってもいいんです。
貴方が彼女のことを大切に思っているのなら全ていいんです。

彼女にその気持ちは確実に伝わっていますし、わがままを言える唯一の相手が貴方なのですから。

気の強い奥さんを持つ私の父はこう言いましたよ。

「男は我慢」だと。

こちらの記事もおすすめ!