家の事

タントのブレーキランプを交換する

こんにちは。TAKENTAです。

今日は我が家の愛車タントのブレーキランプを交換したお話です。

タントのブレーキランプ交換は工具が必要

タントのブレーキランプ交換はハッチバックを開けて見える、2本のボルトを外してやる必要があります。

このボルトは頭が突き出していないので普通のスパナでは回すことが出来ません。

ソケットレンチを用意しないとダメですね。

こんな感じのレンチです。

実際にブレーキランプを交換してみます

まず2本のボルトを外します。

ここで注意があります。2本のボルトを外してやるだけではランプカバーを外すことが出来ません。写真上部のとんがったピンが差し込まれていますのでこいつを抜いてやる必要があります。

結構固いのですが、ランプカバーを真後ろに引っ張ってやる感じでやれば無事外れます。

そして外すと見えてくる写真の茶色ヤツにブレーキランプが付いています。こいつはクルッと回してやれば引き抜くことが出来ます。

外したところです。ランプ自体は軽く引っ張れば簡単に抜けます。

新しいランプに交換して。

元に戻します。

ランプカバーも元に戻し、外したボルトで固定します。

妻にブレーキを踏んで貰うときっちり光ってますね。無事に交換完了です!

タントのブレーキランプを交換した感想

実は工具要らずで交換出来ると思ってました。。。

ソケットレンチは必須ですのでご注意を~。

ではまた!

こちらの記事もおすすめ!