計算ナビゲーション

JavaScriptによる自動計算・千葉県周辺の遊び・PC・子育・濃度の高い情報を発信します。

*

茨城で恐竜に会える!?茨城自然博物館

   

茨城県に恐竜博物館があるとの情報(保育園のママ友)からgoogle先生で検索して行ってきたのが、「茨城県自然博物館」です。

ibakyoryu01どういった博物館かというと、恐竜だけではなく、自然と生命、地球の生い立ち、宇宙の進化などなど。意外にも壮大なテーマを持った博物館でした。

マンモスがお出迎え

ibakyoryu02入るといきなり「松花江(しょうかこう)マンモス」という世界最大のマンモスの骨格化石が迎えてくれます。大きいです。角がすげー長いです。なんでも中国で産出した化石で中国の博物館との友好の証として展示しているとのこと。

メインの恐竜コーナーへ

ibakyoryu03ここからメインの恐竜コーナーです。実は恐竜に辿り着くまでに、岩石の誕生や生物の上陸など「地球の生い立ち」を順番に見ることが出来ます。しかし、恐竜しか頭に無い我が長男は速攻でこの場所までたどり着いています。

まずはティラノサウスルの雄大な姿が出てきました。写真では分かりませんがコイツ少し動きます。

ibakyoryu08館内はそれほど混雑していませんのでこんなショットも撮れます。

ibakyoryu04これはランベオサウルス。

ibakyoryu05長男が撮影したドロマエオサウルス。隠れキャラ?でもこっち見んな(笑)

ibakyoryu06こちらも長男撮影。(なぜか隠れキャラばかり撮っているような・・・)

恐竜博物館と聞いて訪れたこの博物館。実際恐竜の展示はそれほど多くないものの、全体的には見所が沢山あります。写真はありませんので見て回った展示室をさらっと説明へ。

第一展示室(進化する宇宙)

太陽系の惑星と太陽などの宇宙環境について調べることが出来ます。
隕石の観察や実際に隕石を持つことも出来ます。(小さくても重いんです。)

第二展示室(地球の生い立ち)

先ほどの恐竜が居る展示室です。
岩石の形成と動物・植物の進化を調べることが出来ます。

第三展示室(自然のしくみ)

ここにある水の生き物コーナーはいいですよ。河川の上流から海までを水系を再現してあって、それぞれに生息している魚(生きてます)を見ることが出来ます。淡水魚好きな私としてはまさにゾクゾクする展示です。

山地林の生態コーナーでは「夜の森」をナイトスコープで覗くことが出来るのですが、これがなかなか難しい。長男は「見えた!」と言っていましたがたぶん見えてないです。

この他に第四、第五展示室がありますが、内容的に長男には難しいので見学はパス。それでも見て回るのに2時間近くはかかりました(結構広い)。さらに自然博物館なので野外には東京ドーム3個分以上の広大な屋外施設があり、1日で全て回るには無理があるようです。私達も外を歩こうとしましたが広すぎてギブしました。

最後に感想など

今回初めて訪れた「茨城県自然博物館」ですが、ここはなかなか面白い!お子さんが小学生でしたら自由研究のテーマ探しにも使えるのではないでしょうか。長男が小学生になったらまた来てみよーかなーと感じました。

IMG_0207そして長男は最後に自分用のお土産をパシャリ。

 - 博物館

ad-pc

ad-pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした