計算ナビゲーション

JavaScriptによる自動計算・千葉県周辺の遊び・PC・子育・濃度の高い情報を発信します。

*

自律神経失調症 現在の状態

   

こんばんは。TAKENTAです。

このカテゴリでは私が長年患っている「自律神経失調症」について書いていきます。
同じ症状で悩んでいる方々にほんの少しでも役立つのであれば幸いです。

自律神経失調症 現在の状態

心療内科で「自律神経失調症」であると診断されたから、先生のカウンセリングと薬物治療で改善を試みました。

自律神経失調症には以下のような薬が処方されます。

・自律神経調整剤
自律神経の中枢に直接作用して安定を図る薬。副作用が少ない。

・精神安定剤
自律神経の緊張を緩和させ、不安や緊張を和らげる薬。副作用有り。

・ビタミン剤
自律神経のバランスを整えるビタミンA、B群、C、E。

・漢方薬
黄連・抑肝散・芍薬

先生の話ですと、薬を飲んでも即効性はなくとにかく時間がかかるとのことでした。また、薬物治療を行っていくと同時に私が一番力を入れたのが「生活リズムの乱れ」を改善することでした。

・食生活
一人暮らしでコンビニ弁当中心だったのですが、出来るだけ自炊を心が
け野菜もバランスよく摂取するようにしました。

・たばこ
先生にも言われたのですが、たばこを吸うと体内のビタミンが奪われるそ
うです。勿論禁煙を始めました。

・運動
社会人になってから全く運動をしていませんでしたが、週に3日ほどのウォ
ーキングを始めました。

薬物治療及び生活リズムの改善を開始してから1年以上が経過していますが私の体は完全には治っていません。
ゆっくり静養すれば・・との思いもありますが仕事もありますのでストレスやプレッシャーの無い生活はさすがに出来ません。
それでも治療前に比べると、目眩も動悸も和らぎ、日常生活への支障は大分治まってきました。まだ長距離ドライブや仕事が忙しい時は体への不安が付きまといますが何とか凌いでいます。
特に自律神経失調症の症状が出始めて一人で悩んでいた時期は凄く不安な気持ちで毎日を過ごしていましたが心療内科の先生や友人に話すことによって大分不安が解消してきました。

私の経験上の話ですが、自律神経失調症は誰にでも起こる病です。そして一度発症すると完治までには長い時間を必要とします。
一人で悩み込むより、まずは病院に行って下さい。近所の小さな病院で原因が分からなかったら、大きな病院に行くこともお勧めします。
そして、生活リズムが乱れている方は改善しましょう。私の場合は薬物治療よりも生活リズムの改善が最も効果的であると思っています。

 - 自律神経失調症

ad-pc

ad-pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自律神経失調症の発症・苦闘・治療

こんばんは。TAKENTAです。 このカテゴリでは私が長年患っている「自律神経失 …

自律神経失調症とは

こんばんは。TAKENTAです。 このカテゴリでは私が長年患っている「自律神経失 …